プロフィール

English (英訳はこちら)
東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県・諏訪中央病院へ赴任。30代で院長となり、潰れかけていた病院を再生させた。「健康づくり運動」を実践し、脳卒中死亡率の高かった長野県はいまや長寿日本一、医療費も安い地域となった。 一方 1991年より約25年間、ベラルーシ共和国の放射能汚染地帯へ100回を超える医師団を派遣し、約14億円の医薬品を支援してきた(JCF)。 2004年にはイラク支援を開始。イラクの4つの小児病院へ10年間で4億円の薬を送り、凶暴な過激派集団「イスラム国」が暴れ、空爆が行われているイラク北部の都市アルビルを拠点に、難民キャンプでの診察を続けている(JIM-NET)。 東北の被災者支援にもいち早く取り組み、「がんばらない」「1%はだれかのために」と言いながら、多方面で常に100%以上の精力的な活動を行っている。(360字)

プロフィールをダウンロード(139KB) 

名前 鎌田實  <Minoru Kamata ・かまた みのる>
仕事 医師・作家
現在: 諏訪中央病院名誉院長、日本チェルノブイリ連帯基金(JCF )理事長、日本・イラク・メディカルネット(JIM-NET )代表、地域包括ケア研究所 所長、東京医科歯科大学臨床教授、東海大学医学部客員教授
誕生日 1948年6月28日
出身大学 1974年 東京医科歯科大学医学部卒業
受賞歴 2009年ベスト・ファーザーイエローリボン賞(学術・文化部門)
2011年日本放送協会放送文化賞  他・・・
主な著書 ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「雪とパイナップル」
「アハメドくんのいのちのリレー」 「がまんしなくていい」(集英社)、
「へこたれない」(PHP 研究所)、
「ウェットな資本主義」(日本経済新聞出版社)、
「鎌田實の幸せ介護」(中央法規出版社)、
「がんに負けない、あきらめないコツ」(朝日文庫)、
「○に近い△を生きる」(ポプラ社)、
「ほうれんそうはないています」(ポプラ新書)、
「1%の力」 「イスラム国よ」(河出書房新社)、
最新刊「遊行を生きる」(清流出版) など多数。 
出演番組 日本テレビ情報番組「news every.」に毎週木曜レギュラー出演中。
文化放送 毎週日曜日 「日曜はがんばらない」
ニッポン放送 高嶋ひでたけのあさラジ!(月1回登場)
連載 週刊ポスト(小学館) 隔週 「ジタバタしない〈食う・見る・浸る― いのちの洗濯〉」
毎日新聞 毎月第3日曜 「さあ これからだ」
月刊 清流(清流出版)「絶望を希望に変える」
おはよう21(中央法規出版)鎌田實の「△な介護のすすめ」(対談)
理念と経営(コスモ教育出版)「鎌田流らくらく健康塾」
ウェブサイト 公式ホームページ : http://www.kamataminoru.com
公式ブログ「八ヶ岳山麓日記」 (毎日更新): http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog

Biography